人と動物のより良い共存社会のために
banner_oshirase4

狂犬病の予防接種はお済みですか?

4月~6月は国で定められた狂犬病の予防注射期間です。
日本では、犬の飼主には飼い犬の登録と毎年の狂犬病予防接種が義務づけられています。
この狂犬病、現在の日本国内では感染・発症はありません。
それなのに予防接種が必要なのは何故でしょうか。

それは、狂犬病が発症するとほぼ100%死に至る危険な病気であり、いつ日本に入って来てもおかしくない病気だからです。
日本を囲むアジアは特に狂犬病の発生が多い地域で、年間推定30,000人が狂犬病で死亡しています(WHO)。
狂犬病が清浄化されていた台湾で、52年ぶりにイタチアナグマに狂犬病が見つかった例もあります(2013年)。
また、狂犬病は犬のみに感染するわけではなく、ネコやアライグマ、リスなど哺乳類全般に感染する病気なので、仮に狂犬病が国内に侵入するとして、それを運んでくる動物がなんであるかの予測もできません。

それでは、なぜ犬のみで予防接種が義務付けられているのか、それは人への狂犬病感染の99%が犬によるものだからです。
犬は狂犬病の感受性が高く、国内に狂犬病の侵入を許せば予防していない犬で一気に広まってしまう可能性があります。

そして、鳥インフルエンザが出るとその地域の鳥は処分され、口蹄疫(牛の伝染病)が出れば牛が処分されるように、もし国内で狂犬病が出たときに、「じゃあ地域の犬は全部処分ね」と言えるでしょうか。
いつ入ってくるかわからない狂犬病でパニックにならないよう、大事な家族(犬)を守れるように、狂犬病の予防接種を受けましょう!
 
 
 
参考:厚生労働省『狂犬病に関するQandAについて』

分かりやすいです、読んでみてください☆
 

4・5・6月は狂犬病予防注射月間

〜当会制作ポスターが完成しました!〜

pos_201804 ★神戸市獣医師会では、狂犬病ワクチンはかかりつけ動物病院での接種を推奨しています。 dog3

ホームページをリニューアルしました

狂犬病予防、動物愛護、動物病院の紹介など、様々な情報を見やすくリニューアルしました。
 
<重要なお知らせ>
2018年4月1日から「飼犬の登録(鑑札の発行)」と「狂犬病予防注射済票の発行」に関する手続きが大きく変わります。
これまで市内区役所健康福祉課で行っていた手続きは、神戸市獣医師会で行うことになります。
”飼犬の登録(一生に1回)”と”狂犬病予防注射(年1回)”は「狂犬病予防法」に基づく飼主の義務です。
狂犬病予防注射を行った場合は、必ず狂犬病予防注射済票(注射済票)の発行手続きを行ってください。

☆ 注射済票の発行によって神戸市の飼犬情報データに登録されることになります。
☆ 狂犬病予防注射を受けただけでは神戸市の飼犬情報データに登録されません。

sumihyou

 
<飼主の皆様へ>
「飼い犬の登録」・「注射済票の交付」については、次の3つの方法のいずれかで手続きをお願いします。

【方法1】
神戸市獣医師会会員病院で「飼い犬の登録」・「注射済票の交付」手続きを行う方法
(注射を受けたその日にその場で「鑑札」・「注射済票」を受け取ることができます。)

 ~神戸市獣医師会会員病院以外で狂犬病予防注射をした場合~
(手続きを代行している動物病院もあります。)

【方法2】
神戸市獣医師会会員病院の一部病院※で「飼い犬の登録」・「注射済票の交付」手続きを行う方法
(病院で「鑑札」・「注射済票」を受け取ることができます。)
※神戸市獣医師会以外の病院で注射を受けた場合でも手続きができます。
※4~6月の注射月間については,後日お渡しになる場合もあります。

【方法3】
神戸市獣医師会事務局に登録申請書・狂犬病予防注射済証を郵送する方法
(「鑑札」・「注射済票」を受け取るまでに1~2週間かかります。)

 

<神戸市獣医師会会員以外の動物病院の皆様へ>
“神戸市獣医師会事務局に登録申請書・狂犬病予防注射済証を郵送する方法”となります。

詳しくはコチラをご確認ください

 

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 神戸市獣医師会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.